プロミスがヤクザを使うというデマ

インターネット上ではデマもよく書き込まれたり、それによって気分を害したり、営業妨害などがよくあります。それくらい、ネットは便利ですが、一方でその便利さから気を付けなければならないことが多々あります。例えば、プロミスなどの大手消費者金融からキャッシングをしていて、それで返済が遅れた時に取り立てにヤクザを使うなどという全くもって根拠のないうわさも広まっています。消費者金融会社にお世話になったことがない人にとっては、よくイメージされる暴力や力づくでお金を回収しに来るのではないかと不安に思い消費者金融会社の利用を躊躇するかもしれません。
もちろん、返済日に間に合うのが一番いいに越したことは無いのですが。では、実際にはテレビで見るように消費者金融会社に返済を滞納すると臓器を取られるとか夜逃げしないといけなくなるとかいう事態になるのでしょうか?

 

大手消費者金融がヤクザを使うのはあり得ないこと

プロミスなどの大手消費者金融が取り立てにヤクザを使うことは絶対にありません。もちろん、一部の社員で無愛想な対応を取る人はいるでしょうけれど、それは性格の問題であって、別にその人はヤクザでもなんでもありません。人間であればだれでも、そういう態度を望まなくともとってしまう事もあるでしょう。
そもそも、ヤクザというのは反社会的勢力です。そういうところに関わっていたとしたら、普通の会社としては全く成り立ちませんし、社会が許さないでしょう。
もちろん、お金を借りたら、きちんと約束通りに返済していくという利用者側も社会人としての当たり前のことは果たしていきましょう。もし、返済が遅れてしまっていて、会社から何度も催促が来ているのにも関わらず、連絡も全くしない人であれば、ヤクザを使うのではなく、弁護士や法律的な手段を用いて、対応はしてくるでしょう。

 

消費者金融が本当に怖い時代もありました

昔は。昔は消費者金融業界を取り締まる法律が緩かったので、利息なども会社ごとに自由に決められる仕組みでした。しかし、自己破産をする人が増えたので、利息制限法や出資法という法律が改正されていきます。現在もし厳しい取り立てや法外な利息を求めると、会社が逆に罰せられてしまい、営業を続けるのも難しくなってしまうかもしれません。さらに会社としてのイメージも悪くなり、借りる人がいなくなっては困るのでルールを守ってお金を借りています。もちろん、お金を貸して主に金利で利益を得ているので、悪質に返済を遅らせる人には、裁判や財産差し押さえといった法的な手段を取ることもあります。ですが、基本的にはお金を借りる人の側に立った親切なサービスを行っています。今でも、マンガやドラマで見られる暴力的な取り立てを行う会社も存在します。そうした会社は闇金と呼ばれ、法律に従っていない部分もある怪しい会社です。絶対にそういう会社と取引してはいけません。大手企業なら計画的に利用するなら安心してお金を借りることができます。

 

返済を滞納しても安心のプロミス

例えば、大手の消費者金融会社といったらプロミスを連想する方も多いでしょう。CMだけでなくいたるところで広告を見ますよね。プロミスでお金を借りて、万が一返済日に間に合わなかった場合どうなるでしょうか。まず100%保証できるのが暴力でお金を回収しに来ることはありません。今では消費者金融会社に対して細かく法律で定められており、プロミスのような大手の会社はきちんと法律に沿って営業しているので暴力によって回収したりはしません。もちろん、返済日を延滞する利用者への信頼は無くなりますので次の利用には制限が課せられたり、審査に通らなかったりするリスクはあります。一番良いのは返済を計画的にすることなので、返済に不安があればあらかじめプロミスコールなどで相談することが出来ます。